【結婚相談所】オーネットとは?口コミや評価もご紹介

楽天が主催するオーネットは、安心・実績を誇る結婚相談所で、年間新規登録者数は約24,000人。
男性会員には独身証明書等の提出が義務付けられているため、本気で結婚を考える独身女性にはおすすめの結婚相談所と言えます。

婚活するなら「オーネット」無料資料請求

「オーネット」ってどんな会社?

オーネットとは、楽天オーネットが婚活をしたい人のために、出逢いの架け橋となるようサポートしている結婚相談所です。
どうしても結婚したい!ステキなパートナーを見つけたい!そのような思いが強い男女が利用するのが結婚相談所ですが、オーネットは大手の楽天が主催しているとあって、安心して利用できますし、年間新規登録者が約24,000人と、たくさんの人が利用している実績があります。

さらには、安心して婚活ができるように、オーネットでは男性に独身証明書や各種証明書の提出を義務付けているので、審査にパスした人だけが利用できるのです。
そのために、既婚者がいませんし、女性にとっては、職業や年収で騙されるという心配がないのも大きな魅力ではないでしょうか。

「オーネット」のサービス内容は?

オーネットに入会することで、専任アドバイザーから様々なサポートを受けることができます。プロ目線で婚活を成功するための秘訣や、手厚いアドバイスをしてもらえるので、婚活での勝率が高くなります。
そして、よりマッチングしやすいように、条件に合う異性のプロフィールがもらえるので、自宅で楽々オンラインチェックできるのも特徴です。

オーネットでは、割り当てられた個人専用のマイページで相手と連絡できるために、そういう点も安心してサービスを利用できる材料となります。
細かい条件検索ができ、写真検索で気になる異性を探し出すことも可能なのがオーネットです。さらに、オーネットでは会員限定イベントを年間で3,000回以上も開催しているので、趣味や思考の合う方を見つけやすいでしょう。
希望、条件にマッチする異性のデータを毎月送ってもらえるので、そこもオーネットの強みではないでしょうか。

婚活するなら「オーネット」無料資料請求

「オーネット」の優れているところは?

オーネットの優れているところとして、プロフィール検索で常時5,000人以上から探せるという点と、写真検索では30,000人以上の人の中から探せるという点になります。
数多くの利用者がいるために、オーネットでは特定の異性を見つけられる確率が高いですし、全国各地で年間3,000を超えるパーティーが開催されていることから、気が合う異性と交流できる機会が多いというところも、オーネットの優れている点になります。

恋愛、結婚につながるように、オーネットは親身なアドバイスをしていますし、2018年に結婚に至った人が5,880人と、多数の実績があるのがオーネットの強みです。

「オーネット」の残念なところは?

オーネットを利用することで、もちろん月額利用料や初期費用などがが発生します。これはオーネットに限らず、どこの結婚相談所でも同じでしょうが、婚活をする上である程度の出費は欠かせません。
そのために、そこはデメリット、残念なところでしょうが、ステキな相手を見つけるためと思えば、利用料金が高いのも仕方がないと割り切れるのではないでしょうか?

  • 入会金 30,000円
  • 活動初期費用 6,000円
  • 月会費 13,900円

※すべて税別

オーネットの場合だとプレミアム料金の例で、上記の金額がかかります。

ですが、成婚料は0円なので、そこは嬉しい点といえるでしょう。
もし、事情があってオーネットでの活動を休止したいという方であれば、月会費を500円(税別)だけで会員として籍を置き続けることが可能です。

「オーネット」の評価は?

ネットの口コミサイトを閲覧すると、オーネットに関する書き込みも数多くあります。やはり、婚活をする方だと結婚相談所を利用することも多いでしょうから、オーネットの評判が気になるはずです。
そこで、オーネットの口コミ評価を見ていきましょう。

良い口コミ
  • 親身になってアドバイザーの方が相談に乗ってくれたので、結婚することができました。
  • 大手なので安心して利用登録できる。
悪い口コミ
  • 担当アドバイザーによって、かなり評価が変わります。厳しい方から優しい方まで様々なので、コミュニケーション能力に自信がない方には少し大変かもしれません。
  • 自分でかなり動かないと、成婚までいくのが難しい。
  • ある程度お金がかかるので、良い人が見つからないと厳しい。

このような口コミ、評価も多くあるのがオーネットです。
結婚相談所としてかなり有名でたくさんの方々が利用していますし、オーネットは婚活をしたい人にマッチしているといえるでしょう。