【ペアーズ】本当に優秀なマッチングアプリ?口コミや評判もご紹介

近年話題のマッチングアプリですが、種類が多くてどれが本当に良いアプリなのか迷ってしまう方も多くいらっしゃいますよね。

今回は、マッチングアプリの中でも優秀と言われている「ペアーズ」について、詳しくご紹介していきます。ペアーズがなぜ人気なのか、残念なところや口コミも併せて解説しますので、ペアーズの利用を考えている方は参考にしてくださいね。

マッチングアプリ「ペアーズ」とは?

「ペアーズ」とは、婚活・恋活用のマッチングアプリのことです。
月額料金制で、一般的な婚活サイトよりも良心的な料金で、誰でも気軽に利用できるのが特徴です。

課金システム制のマッチングアプリでは、運営側が課金させようとして「サクラ」と呼ばれるスタッフを準備していることもあります。しかしペアーズでは、月額料金制のため、課金するものがないので必然的にサクラは存在しません。

他社のマッチングアプリと比べても、最大級を誇る会員数ですので、そのぶん出会いの場が増え最良の出会いを叶えることができるかもしれません。毎日約5,000人の登録者数が増えているペアーズは、人気のあるマッチングアプリだと言えるでしょう。

ペアーズのサービス内容は?

数多くある「コミュニティ」から価値観の合う人を探せる

ペアーズでは、「コミュニティ機能」で、趣味や価値観の合う相手を探せます。「イタリア料理好き」「海外旅行好き」「趣味はカフェ巡り」「お米は固いのが好き」など、細かな価値観を共有できるようなコミュニティが多くあるため、交際前から相手のことを深く知ることができます。

豊富な検索機能で「条件検索」ができる

出身地や年齢・身長・職業など一般的なデータから、お酒・タバコ・結婚の意思の有無なども検索することができます。生涯のパートナーを本気で探している方は、こうした細かい検索機能を利用して、自分が望む条件の相手を探しましょう。

ペアーズの優れているところは?

交流前に年齢確認をする

ペアーズは、利用者の安心安全を守るために、交流前には必ず「年齢確認」を行なっています。ペアーズの利用は「18歳以上」と決められています。18歳未満の方が、身分を偽って会員登録をしたとしても、必ず年齢確認をして18歳未満の方との交流を事前に防いでいるのです。

年中無休の監視体制

ペアーズは、24時間365日で、カスタマーサポートの運営や監視体制を行なっています。そのため、時間帯を気にせずに困ったことなどがあった場合相談できるようになっています。これは、特に女性の利用者にとっては、安心できるポイントですよね。

ペアーズの残念なところは?

  • 既婚者、悪徳業者、体目当ての人もいる
  • 会員数が多いということは、ライバルも多い

他のマッチングアプリと同様、既婚者や悪徳業者・体目当ての方もゼロではありません。マッチングをしてすぐに、「別のURLで連絡を取り合おうとする」「すぐにデートをしようとする」などは注意しておきましょう。

また、勤務地と住居が離れている場合も既婚者である可能性があるため、様子を見た方がよさそうです。

ペアーズは、マッチングアプリ最大級の会員数ですが、人数が多いということは「ライバル」が多いとも考えられます。プロフィールや写真など、細かな部分を作り上げていかなければ相手に見てもらえないこともあるでしょう。

ペアーズの評価は?

ペアーズ良い口コミ
  • 友達にバレないようなシステムになっている
  • 他のアプリより恋人が作りやすい
  • 安心、安全な管理システムで良い
  • 趣味や価値観を交際前から知れるため便利マッチングアプリの中でも非常に優秀
ペアーズの悪い口コミ
  • 本当に結婚したい人が少ない(出会い目的が多い)
  • 業者などがちらほらいる
  • 男性は有料会員にならないと女性と出会えないようになっている
  • 男性会員数の方が多いので、マッチングが上手くいかない
  • 無料会員と有料会員の差が分からない(プレミアムオプションになると少しマシ)

ペアーズの口コミや評価を、インターネット上から拾い上げたものです。

これらを見てみると、「数あるマッチングアプリの中では非常に優秀」との良い口コミがありました。ペアーズでは、安心して利用者がペアーズを利用できるように、年中無休の監視体制があるから、不満な部分や困ったことなどが改善されていくのが早いのかもしれません。

一方、悪い口コミでは、ペアーズの会員数が多いことによる不満が見られました。利用している方が多ければ、真面目に婚活をしていない方もいらっしゃるでしょう。そういった人を見抜けるように、メッセージなどを繰り返して真意を探るのも一つの手ではないでしょうか。

マッチングアプリ「ペアーズ」を利用する際には、よく下調べをして自分にとって使いやすか検討してみるとよいですね。